石垣島フィールド日記

石垣島のフィールドで出会った自然&野鳥を毎日紹介していきます。 石垣島 野鳥観察 、野鳥撮影 バードウオッチング、自然観察、石垣島ナイトツアーは石垣島フィールドガイドSeaBeansを宜しくお願いします。  ※当サイトで紹介している画像その他内容無断転載・転用を禁じます。

石垣島フィールドガイドSeaBeans

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 地域生活ブログ 沖縄情報へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
今日もとても良い天気でした。

なので暑い~一日でした。

朝一で石垣島北部にある野底岳、
通称マーペーに登ってきました。

普通は片道1時間、
往復2時間も掛からないのですが、
僕達は倍以上の5時間近く掛けて登山を楽しんできました。

登山口からいろんな植物や昆虫、
???ってことが沢山あり、
ゆっくり、じっくりと観察していたら、
あっという間に時間が過ぎてしまいます。

森の奥から聞こえる、
アカショウビン、
キビタキ、
キンバト、
サンコウチョウ、
シジュウカラ、
カンムリワシ、
メジロ、
ヒヨドリ
などなど、
どの方向から鳴いているのか、
自然の声を目を閉じ、
静かに耳を澄ますと、
なんとなくいろんな音が聞こえ、
それらの方向や居場所が見えてきます。

キノボリトカゲや
キラキラ、ラメラメのカメムシなど、
沢山の動植物を観察しました。


流石に頂上付近は勾配が急なので、
口数が少なくなります。

5.31mape.jpg


頂上からは360度、
石垣島が展望できます。

この山の頂上は岩なので、
なんとも雰囲気があって良い感じです。

5.31kannmuriwashi-mape.jpg


大岩の上でおやつを食べながら、
風景を眺めていたら、
麓からカンムリワシの鳴き声が・・・
だんだん近くなる鳴き声、
いつの間にか僕達の真下に円を描きながら、
登ってきました。
調度目線辺りまでくると、
サッーっと麓の森へ消えて行きました。
普段は見上げるカンムリワシを、
今日は見下ろす感じで観察が出来ました。

とても楽しく、
感動も沢山の山登りになりました。

日々更新中!!こちらも宜しくお願いします。
石垣島フィールドガイドSeaBeans

問い合わせなどはこちらから!!

人気blogランキングへ

スポンサーサイト
収穫を終えたトマトを刈り取り、
その場を耕し、
休ませている場所があります。

気づいたら大量のトマトの苗が、
その場に生えていました。

5.30tomato.jpg


熟したトマトが落ち、
その種が土に混ざっていたみたいです。
数え切れない程のトマトが生えてきましたが、
少しもてあましています。

全部を育てるのは難しいし、
でも耕して駄目にするのも可哀想だしな~。

どうしましょ。


日々更新中!!こちらも宜しくお願いします。
石垣島フィールドガイドSeaBeans

問い合わせなどはこちらから!!

人気blogランキングへ



夕方、久しぶりに雨が降りました。
「大粒の雨が乾いた地を潤してくれるな~」って思っていたら、
少しして止みました。

空を見上げると灰色の空と青い空にわかれていました。

そして、しばらくすると小雨が降りだしました。

ame.jpg


妻と2人で歩いて畑に行くことにしました。

畑へ向かって歩き出し、
5分程経過したら、
またしても大雨・・・。

びしょ濡れになりながら畑へ到着し、
牛舎で雨宿り。
雨ですが、
畑仕事と牛の世話を手伝っているうちに小雨に。
今がチャンス!!と歩き出したら、
甘かった、またしても大雨が降り出し、
僕達2人共にずぶ濡れになっちゃいました。

でも梅雨の雨って感じではないですね~。

日々更新中!!こちらも宜しくお願いします。
石垣島フィールドガイドSeaBeans

問い合わせなどはこちらから!!

人気blogランキングへ



昨晩からさっきまでウミガメ調査に行ってきました。

白保地区は晴れていましたが、
調査地は曇り空でした。
それでも月が大きかったので、
浜は明るく照らされていました。

今日は懐中電灯も忘れてしまい。
少し不安な調査になりました。

調査地は南から北までの片道90分程、
砂浜と岩場を歩きます。
往復しますので約3時間歩きます。

北端まで歩き1時間程休んでから、
折り返して調査しようと思っていたのですが、
砂浜に寝ころんでいると、
ポツポツと雨が降り始めました。

それだけなら良いのですが、
雷まで・・・それも頭上で!!

やばいですよ~。

休憩を中止し早足で南下しましたが、
ピカピカと頭上で光る度に心臓がドッキ!!とします。

広い海岸で僕が一番突起しているからです。
そして手にはウミガメを測定する、
アルミ製の1.3mのノギス(測定機)を持っているのです。
僕を狙ってと言わんばかりなのです。

雷も恐怖ですが、
この岩場越えも恐怖なんです。

5.29iwaba.jpg


写真では伝わらないかもしれませんが、
足を滑らして落ちたら「さよなら~」って感じの岩場です。
そしてハブ多発地帯でもあります。

かなりスリルがあります。


雷から無事に逃げられましたが、
肝心のウミガメに出会えませんでした。

予定より2時間早い1時で調査を終了しました。

少し残念な調査になりましたが、
無事に帰宅できて良かったです。

浜では孤独ですからね~。

日々更新中!!こちらも宜しくお願いします。
石垣島フィールドガイドSeaBeans

問い合わせなどはこちらから!!

人気blogランキングへ

交通量の多い道路沿いの牧草地と小さな林、
その場所を通過する際に、
たまに見掛けるズグロミゾゴイが居ます。

今日もその道を通ると、
ガードレールの隙間から見える林の中に、
ズグロミゾゴイが見えました。
車を止めて双眼鏡で覗くと・・・

5.28koromogae.jpg


模様が変です?

幼鳥から成鳥への換羽中なんです。

ちょと不細工ですが、
もう少しすると立派な羽になるんでしょうね。

最近、ズグロミゾゴイの成鳥を見掛けなくなりました。
きっと営巣中なんでしょうね。

沢山の雛が巣立ってくれたら良いですよね。

日々更新中!!こちらも宜しくお願いします。
石垣島フィールドガイドSeaBeans

問い合わせなどはこちらから!!

人気blogランキングへ

梅雨?
今日も晴天でとても蒸し暑い一日でした。

野外で調査していると目まいがするほどです。
望遠鏡で海岸沿いを覗くと、
暑さで画像が揺しまい、
種を識別するのが難しかったです。

5.27shigichidorichousa3.jpg


この時期になると渡りも落ち着いたようで、
シギ・チドリの数も種類も減っていました。

今日はキアシシギ、キョウジョシギが数羽、
シロチドリ、メダイチドリが数十羽程度でした。

やっとエリグロアジサシもやってきたようで、
10羽程度確認出来ました。
あとコアジサシも数羽。

意外と思う方も多いと思いますが、
ムラサキサギが海に数羽居ました。

波打ち際で口に入らない程の大きな魚を捕らえ、
持て余している子もいました。

暑かったですが、
面白い調査でした。

次回の調査は秋ですね。


日々更新中!!こちらも宜しくお願いします。
石垣島フィールドガイドSeaBeans

問い合わせなどはこちらから!!

人気blogランキングへ



5月21日にWWF白保さんご村のスタッフ(カンムリワシ・リサーチ会員)によってオオミズナギドリが保護されました。
白保海岸でウミガメ調査中に発見したそうです。

保護後、カンムリワシ・リサーチ会員である獣医の元へ運ばれ、
治療、看病が続けられました。

そして本日、無事?放鳥することになりました。

オオミズナギドリのような海鳥は、
飛び立つの助走等が必要ということで、
カラ岳登山道中腹辺りから放鳥することにしました。

5.26mizudo.jpg


段ボールにのせて、
飛び立ちを待ちます。

久しぶりに見る外の世界に、
やはり嬉しそうです。

瞳も生き生きしていて、
飛び立つ期待が高まります。

待つこと約十数分、
箱をゆるやかに上下に動かし、
飛び立ちを催促していると・・・
「バッ!!」突然飛び立つ?
飛び降りるかのように箱から離れました。

僕達は直ぐ下に落ちると思った、
その瞬間、「ブワッ~」と風に上手く乗り、
弧を描くように海の方へ飛び去って行きました。

慌てていたので、
飛び立ちの写真も撮れませんでした。

みんなニコニコです。
「良かった!!このまま無事に!」
と空に祈りました。


5.26oomizunagidori1.jpg


保護された理由は、
下の写真で判りますかね?
右脚のアップです。
5.26mizudoshi.jpg


右脚が壊死しています。

「何故壊死したの?」そう思いますよね。

答えは「釣り糸&釣り針」です。

右脚に釣り糸が絡まり、
そして針が刺さり壊死してしまったのです。

僕達の見えない場所で、
いったいどのくらいの命が「釣り糸&釣り針」で
失われているのでしょうか?

今回のように、
目に付く場合は稀だと思います。

釣りをされる方だけの問題ではないですよね。

以前にも片足のオオソリハシシギを紹介しましたが、
渡り鳥を観ていると片足の鳥を観ることは少なくなりません。
でも片脚で生きている個体よりも、
声も出さず、
誰にも知られずに亡くなっている
個体のほうが多いと思いませんか?


オオミズナギドリ:ミズナギドリ科 夏鳥として南からやってくる。八重山では沖ノ神島等の無人島で繁殖が確認されている。石垣島では観察するのは難しい鳥。



日々更新中!!こちらも宜しくお願いします。
石垣島フィールドガイドSeaBeans

問い合わせなどはこちらから!!

人気blogランキングへ


今日もとても蒸し暑いです。

名蔵付近の歩道にカルガモが1羽倒れていました。
既に命はなく、
内蔵はカラス等にでも食べられたのか、
空っぽでした。
そして、この暑さでカラカラに乾ききって、
驚く程軽い遺体でした。
死因は不明です。

5.26karugamo.jpg


カルガモから数百メートル程離れた路上には、
1羽のシロハラクイナが折れ、潰れていました。

5.26shiroharakuina.jpg


更に十数メートル先の歩道には、
頭が割れたバンが倒れいました。


5.26ban.jpg



1km程の行程に3羽に遺体がありました。

驚くと言うか、
ただため息が出るだけです。

轢いた人も、
この道を通る人達も、
見て見ぬふりなのかな?
気づかないのかな?

僕達の気づかない場所で沢山の命が消えているんでしょうね。

日々更新中!!こちらも宜しくお願いします。
石垣島フィールドガイドSeaBeans

問い合わせなどはこちらから!!

人気blogランキングへ

今日も良い天気です。

海も空も青く綺麗です。

こんな空を見ているとカラッとして
気持ちが良さそうに見えますよね~。

5.25tuyu.jpg


下の写真はカメラ等を保管する防湿庫です。
別に壊れていません。
驚きの数値なんです。
「防湿庫の意味ない~!!」って数字です。

5.25shitudo.jpg


急いでレベルを「除湿低」にしていたのをマックスにし、
室内用の除湿機を回しています。

油断できません。

日々更新中!!こちらも宜しくお願いします。
石垣島フィールドガイドSeaBeans

問い合わせなどはこちらから!!

人気blogランキングへ

バイクでオモト方面へ走っていました。

前方反対車線から白い乗用車が
こちらに向かって走って来ていました。

100m程先から、
何故か反対車線を走る僕に向かって車が接近してきます。

「ん!?何考えてるんだ?何処に止まる気なの????」

車はスピードを落としません。

どんどん僕に近づいて来ます。

「やばい!!ぶつかる~死んじゃう~!!」

僕の方も反対車線へ逃げ、
間一髪で車を交わしました。

車はガードレールに当たりながら走り、
ノリ面に凄い音を立て、
当たって止まりました。

僕はバイクから降りて、
急いで車へ向かう運転手の方は怪我もなく正気でした。

介護車で後部座席には車椅子の方、
助手席にも介護を必要とする方がいらっしゃいました。

大事には至っていないとのことなので、
その場を去りました。

道路にはブレーキを掛けた跡もない・・・

居眠り運転だったのか・・・・・?




数時間後、同じ場所を通ると警察が来て、
現場検証をしていました。

5.25kikiippatu.jpg


今思い出してもゾッとします。
本当に「終わった!!」って感じましたので。



日々更新中!!こちらも宜しくお願いします。
石垣島フィールドガイドSeaBeans

問い合わせなどはこちらから!!

人気blogランキングへ